不足しがちな栄養素

日本人に不足しがちな栄養素

今の日本で、栄養不足なんていうものがあると思っている人はいるでしょうか?毎日好きなものを食べていると感じている人は少なくありませんが、客観的には、栄養不足になりやすいことが指摘されています。日本人の現在の食卓では、炭水化物や脂肪分は足りているのに、ミネラル不足や、ビタミン不足が珍しくないと言われています。その要因としてあげられるものは、日本食離れが進み、パンや油脂を多く使ったカロリーの高い食事をする人が増加しているためです。野菜自体が含有している栄養素の量も、近年では少なくなってきています。1980年のにんじんは、1950年のにんじんと比べると、ビタミンAの量が三分の一以下になっていたといいます。現代のニンジンは、1980年のニンジンよりも栄養が減っているといいます。昔と同じ量の野菜を食べても、体内に吸収できる栄養の量はかなり少なくなっています。日本の土地が弱っていることが、野菜の栄養価が下がってきている原因です。ビタミンやミネラルがどこからくるかといえば、野菜をつくっている土です。野菜の栄養不足は、大もとになっている土の栄養不足にほかならないわけです。食卓に工業的に加工された食品が多く出るようになったことも、ビタミン不足やミネラル不足の一因です。レトルトパウチや缶詰の登場頻度がふえたことはもちろん、精製された調味料や、米を使っていることも、関係しているといえます。ビタミンは、熱をかけると破壊させる性質があります。サプリメントを使って、食事のみでは不足しやすい栄養素をおぎなうことは、現代人にとっては重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

子どもに不足しがちな栄養素

子供の食事や生活のスタイルが変わったことが、子供の栄養不足の原因になっています。子供に不足しやすい栄養成分とは、一体どういったもののことをいうのでしょうか?子供が必要としているけれど不足している栄養素は、鉄とカルシウムです。子供からすれば、カルシウム不足、鉄不足も深刻です。カルシウムは骨や歯のために、鉄分は血液のために使います。食品からカルシウムを摂取するためには、牛乳、大豆加工品、魚貝類などかおすすめです。肉類、卵、豆腐類などが、鉄分を含有する食材です。何をすることで、子供が栄養に不足しない状態をつくれるでしょうか?まずは、食事は1日3回きちんと食べさせることです。夫婦ともにフルタイムで働いている家庭も一般的になり、子供に三度ご飯を出すことも難しいですが、やりくりしていきたいものです。加工食品でも、栄養が壊れていないものもあります。調理時間を短縮し、栄養のあるものを食べられるように、様々な工夫をしていきましょう。おやつを食べることで、栄養不足をおぎなう子供もいます。果物や、蒸した芋、ミニおにぎりをおやつに出すことで、栄養を補給してもらうという方法もあります。子供の食事に問題ないかを調べるには、食事バランスガイドを使うといいでしょう。年齢によって必要になる栄養素も変わります。食事バランスガイドを見ながら食事メニューを考えていくのもやりやすいでしょう。栄養が不足して、子供の健やかな発達に支障を来すということがないようにしましょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089657/58473707

この記事へのトラックバック一覧です: 不足しがちな栄養素:

最近の記事

無料ブログはココログ